チェレステ

私がビアンキの自転車にのることになった理由はとても単純で、カッコイイと思ったということだけだ。10年ぐらい前に雑誌で見たビアンキの自転車に乗ったイタリア人は本当にかっこよかったのだ。少し濡れた石畳の上をスーツの紳士がチェレステカラーの自転車に跨っている姿はいまも脳裏に焼き付いている。いつかあんなふうに自転車に乗りたいと思ったものだ。

ところで「チェレステ」で画像検索するときちんとビアンキの自転車がヒットするのに、「celeste」と英語で(イタリア語で)検索するとダイナマイトなバディがヒットするのはなぜなんだろう。きっとCelesteさんなのだろうけど、「きちんと」してるのは実はむしろこっちなのだろうか。それはやはり複雑な気持ちになる。

暑い季節が終わったと思ったら急に寒くなって、自転車に乗るには風が冷たくなってしまった。だけどその名前の由来のとおり晴れた日にはもっと自転車に乗りたいと思う。

チェレステ” への5件のフィードバック

  1. 自転車もナイスバディも知りませんでした。

    まず楽器のチェレスタを思い浮かべました。

    いつかママチャリを卒業して、かっこいい自転車を乗り回したいです。

  2. いまいちさん
    チェレスタ!?
    気になる!そんな楽器があるのですか。
    きっと素敵な音色の楽器に違いない!

  3. もったいないです~
    かっこよくなんて乗らなくていいんですよ!!
    せっかく素敵な自転車あるのにポタリングしないなんて~!!

    ユニクロのヒートテック即購入!!
    そして・・・ポタリングにGo!!ですよ~玉井さん。

  4. Magnoliaさん
    風の子は秋でも冬でも自転車に乗らなきゃですね。
    ペダルを漕いでいると自分自身が暖かくなりますから、
    気にせず出かければいいんですよね。
    でもやっぱりヒートテックは必要ですね。

コメントを残す