ジャッキー・チュンのCD

僕は大学1年生のとき、第二外国語で中国語の授業を受けた。それはちょうどその頃、香港ポップスのファンで、中国語の授業を受けたら中国語曲もそのまんま聞けると考えていた。冷静に考えればそんなことはないことぐらい当時の僕もわかっただろうけど、そんな冷静になれないほどその頃は香港ポップスの大ファンだった。

僕が初めてmp3プレーヤーを買ったとき既に僕の香港ポップスブームは去っていたこともあって、僕のiTunesには香港ポップスは一つも入っていなかった。でもたまたま部屋の掃除をしていたら本棚の奥からジャッキー・チュンの二枚組CDが出てきたので、懐かしくておもわずリッピングしてしまった。

Jacky Cheung 15

十年ほど前、よく聞いていたCDの一つだった(曲目はこちら)。このCDの9曲目の「吻別」という曲が好きだったのだけれど、たまたま去年辺りから岐阜駅のアクティブGでこの曲がよくかかっているので、また気になり始めていたところだった。久しぶりに聞いてみるとその当時のことを思い出していいなと思ったので、また古いCDを探して聞いてみようかなという気分になった。

ジャッキー・チュンのCD” への2件のフィードバック

  1. 良い曲ですね。

    中国語ポップスについては私にも思い出がいくつかあります。

    私は大学2年生の時に、夏休み1ヶ月間、上海に語学留学に行った経験があるのですが、
    当時、まだ中国本土のポップス歌手はあまりおらず、上海のレコード屋では香港や台湾のポップスが並んでいました。

    レコード屋でかかっていた曲が良い曲だったので、店員に聞いてかかっていたのと同じCDを買い、歌う練習をし、留学最後のお別れ会で、カラオケで披露しました。

    15年も前の事です。

    張信哲さんの我是真的愛你という曲でした。

  2. イズハラ先生
    カラオケで披露だなんてすごいですね。
    私も第二外国語で中国語をとった時はそんなことも夢見ていましたが、いまだ果たせていません。一月留学してみっちり勉強するとできるんですね。
    今度ぜひ聞かせてください!
    大学生になったらパスポート持って香港や台湾に行きたいと考えていたのもいまだ果たせていません。いつか行きたいです。

コメントを残す