岐阜米子鉄道の旅

1月21日から23日まで鳥取県米子市で日本疫学会が開催されるので、岐阜から米子までの行き方をいろいろ考えた。自分で車を運転していくことや高速バスを使うことも考えたのだけれど、やはり鉄道で行くことにした。せっかくなのでぐっとくる方法で行かなければいけないのだけど、とりあえずこれかなと思う。

岐阜羽島 ⇒ 米子
2016年1月21日(木)

06:46 ⇒ 14:41

所要時間 7時間55分
運賃[IC優先] 12,830円
乗換 4回

距離 440.3 km

■岐阜羽島
↓ 06:46〜07:19
↓ JR新幹線ひかり491号 博多行
↓ 2番線発 → 13番線着
■京都
↓ 07:32〜09:52
↓ JR特急きのさき1号 城崎温泉行
↓ 31番線発
■城崎温泉
↓ 10:49〜11:33
↓ JR特急かにカニはまかぜ 浜坂行
■浜坂
↓ 12:01〜12:46
↓ JR山陰本線 鳥取行
■鳥取
↓ 13:42〜14:41
↓ JR特急スーパーおき5号 新山口行

■米子

(運賃内訳)
岐阜羽島〜米子 7,340円
岐阜羽島〜京都 2,480円 (特急自由席料金)
京都〜城崎温泉 860円 (特急自由席料金)
城崎温泉〜浜坂 970円 (特急指定席料金)
鳥取〜米子 1,180円 (特急自由席料金)

 

この経路のぐっとくるポイントは

  • 岐阜羽島駅から出発する
  • 「きのさき」と「かにカニはまかぜ」と「スーパーおき」という3つの特急を利用する
  • 城崎温泉駅、浜坂駅、鳥取駅で少しづつだけどそれぞれ待ち時間がある

という3点かな。

周遊きっぷやお得な切符がありそうなのだけど、2人以上で利用というものが多くて一人旅の私にはいい切符が見つからなかった。午後5時までに米子駅に到着すればいいのでもうちょっと時間の余裕もある。途中で下車しておもしろそうな駅や、ほかの路線も考慮できるのでもうちょっと調べてみたい。

追記
特急かにカニはまかぜを利用して城崎温泉駅での時間を増やすように変更しました。

コメントを残す