はじめての仙台国際空港

年末に岐阜に帰るときに、初めて飛行機を使うことにした。予定を立てて、予約をしてなにかサービスを使うというのが苦手でこれまではいつも新幹線を使っていたのだ。だけど、たまには飛行機も楽しそうだなというのと、いつもテレビニュースにもなっている帰省客であふれる空港というのを体験したいという気持ちが湧いてきて、飛行機を使うことにした。

仙台と名古屋(中部国際空港)の間はへは、全日空ANAとIBEXが定期運行している。ちょうどANAのマイルが貯まっていて使えるのではないかと思ったのだけど、マイルの特典航空券というのは手続きが結構面倒くさいようで、結局は普通にサイトで航空券を予約してクレジットカードで支払いをすることになった。

私が乗ったのは、12月29日の10時50分に仙台国際空港を出発するANAのNH362だった。プロペラの飛行機だったのだけどとても安定していていい飛行機だったし、なにより飛行機に乗るというのはちょっと特別な旅行という感じがして興奮した。

年末の空港というのはどうだったかという点だけど、12月29日の仙台国際空港は全く混雑もなくて平和だった。よく考えたら、飛行機というのは基本的に前もって航空券を買った人しか乗れないわけだから、空港にもそういう人だけで、それ以上にたくさん人が集まって来る場所ではないのだ。当日きっぷを買って乗ろうとか、なんとか自由席に乗って帰ろうという人が集まってくる新幹線とは違うのだ。

仙台駅から仙台国際空港へはJRの仙台空港アクセス線で20分ほどでとても近くて楽だった。時間も少し余裕があったので、国内線の保安検査場を出たところから、10番搭乗口までをビデオに撮った。それから、仙台国際空港の正面はガラス張りで屋根のウェーブしているところがかっこいいと思った。

SENDAI光のページェント2018

仙台の冬といえば、SENDAI光のページェントだよと聞いた。冬になると通りの街路樹にたくさんの明かりが飾られてとてもきれいでそれをみんな見に集まるそうだ。そうまで言われたらいかない訳にはいかない。私も期間中に2回も見に行った。遠くからも明かりが見られるほど、街路樹の高いところまで電飾が多くて、華やかな気分になった。それから、それを見に来る人が本当に多かった。特に定禅寺通りの東の端の方、仙台三越のあたりは歩道は人がいっぱいだった。早めの時間帯、仕事帰りなどの人もいる時間帯は、本当に人も多かったのだけど、それがまた冬を楽しみに来ている人だと思うと、気分も盛り上がるものだと感じた。

例のごとくビデオを撮った。4つに分かれてしまったけれど、これで光のページェントがある定禅寺通りの西の端から東の端まで全部網羅できていると思う。

正月準備中の仙台市街

仙台に来て知ったのは雪がチラチラ降っていることが多いということだ。雪は降り続いて積もるということはないけれど、朝方や夜になって外を見ると雪がチラチラしているということは多い。

仙台市に来てからあまり市街を出歩くことは多くないような気がする。だけどそれではもったいないと思って年末の12月27日にちょっとでかけてみた。東北一の繁華街の国分町のあたりからスタートして、一番町のあたりを回って、それからアーケードを通って仙台駅まで歩いた。まだ年を越すまで5日もあるというのに、アーケードはすでに正月らしく準備はずいぶん進んでいた。巨大な仙臺四郎のキャラクター風船もあった。街の中を歩くというのは発見も多くて楽しいと思った。

仙台といえば仙台初売りというものがあるらしい。伝統行事でとにかく豪華賞品がついてきたり大安売りがされたりというものらしい。仙台初売りで有名な井ケ田の前も通った。来年はここの前に正月から並ぶのもいいかもしれない。

日龍峯寺(高澤観音)

今年の正月には、岐阜県関市下之保の高澤観音こと日龍峯寺に行った。なぜここに行くことになったかというと、大晦日にNHKのゆく年くる年をつけていたら中継の最初に出てきたのがこの日龍峯寺だったからだ。それまで日龍峯寺というお寺のことは全く知らなかったのだけど、ゆく年くる年に出てくるようなお寺なのだから行くべきだろうと思った。

ゆく年くる年の中継に出てきた美濃清水も見られた。清水寺のような舞台があるからと言うことで名付けられている。こういう造りを「懸造り(かけづくり)」とか「懸崖造り(けんがいづくり)」と呼ぶそうだ。美濃清水と呼ばれる本堂を下から見上げるのはなかなかいいものだった。それからみたらしの霊水と宝筺印塔も風情があってよかった。ゆく年くる年にも出てきた除夜の鐘をついていた鐘楼もあったのでわたしも登って撞いた。

そのときにビデオを撮った。

伊奈波神社と岐阜善光寺

岐阜で一番多く初詣客が訪れる神社といえば、伊奈波神社だ。そしてその参道の坂道になる直前の脇にあるのが岐阜善光寺である。だから伊奈波神社と岐阜善光寺はたいていのひとはひとまとめに訪れる事が多いと思う。それから、伊奈波神社の参道の社務所の手前には水月亭という茶室があって、裏千家の月釜があるので、私にとってはその点でも伊奈波神社は馴染みが深い。

1月1日になってしまうと人が多くて車を停めることもできなくて大変だろうということで、今回は大晦日に行くことにした。大晦日と言っても暗くなってくると神社で年を越そうという人で溢れてくるので、明るいうちに行ってきた。明るいうちだったこともあって通常の駐車場にも待つことなく停められてよかった。

伊奈波神社と岐阜善光寺に行ったときにとったビデオがこちら。ちょっと手ブレとボケがあるけれど、雰囲気は伝わると思う。このあと少ししてから人が増えてきたので落ち着いてお参りできるいいタイミングに行けたのかなと思う。伊奈波神社の中にも小さな神社(境内社、摂社)がいくつかあってそちらも回っているので写っている。伊奈波神社の楼門から岐阜の街を見下ろすのはとてもいい眺めで私のお気に入りになっている。

伊奈波神社は、岐阜大学医学部の昔のキャンパス(司町キャンパス)にも近かったので、私も学生の頃は授業の合間にも何度も行ったりした。いまは岐阜大学医学部跡地にできたぎふメディアコスモスがあるので、そちらと合わせていくのも楽しい。