in 日記

日龍峯寺(高澤観音)

今年の正月には、岐阜県関市下之保の高澤観音こと日龍峯寺に行った。なぜここに行くことになったかというと、大晦日にNHKのゆく年くる年をつけていたら中継の最初に出てきたのがこの日龍峯寺だったからだ。それまで日龍峯寺というお寺のことは全く知らなかったのだけど、ゆく年くる年に出てくるようなお寺なのだから行くべきだろうと思った。

ゆく年くる年の中継に出てきた美濃清水も見られた。清水寺のような舞台があるからと言うことで名付けられている。こういう造りを「懸造り(かけづくり)」とか「懸崖造り(けんがいづくり)」と呼ぶそうだ。美濃清水と呼ばれる本堂を下から見上げるのはなかなかいいものだった。それからみたらしの霊水と宝筺印塔も風情があってよかった。ゆく年くる年にも出てきた除夜の鐘をついていた鐘楼もあったのでわたしも登って撞いた。

そのときにビデオを撮った。

コメントを残す

Webmentions

  • 両界山横蔵寺と谷汲山華厳寺 – 玉井通信

    […] 初詣の続き。去年は日龍峰寺(高澤観音)に行ったのだけど、今年は両界山横蔵寺と谷汲山華厳寺に行くことにした。どちらも岐阜県揖斐川町にあって合わせていくのにいい組み合わせだと思う。谷汲山華厳寺は西国三十三箇所の満願霊場として有名で、参道も年中賑わっていて全国的にも有名だ。両界山横蔵寺は即身仏(ミイラ)でも有名な美濃の正倉院という名前もついているお寺だ。 […]