in 日記

映画「碁盤斬り」

映画「碁盤斬り」を見た。久しぶりに映画館で見た映画だ。この映画を知って、囲碁ファンで落語ファンの私としては行くしかないと思った。プロの棋士が5人も出演しているとも聞いて、なんとか見つけてやろうと行ってきた。
出演しているプロ棋士は、映画に馴染んでいて全く見つけられなかった。あとから、映画を見に行った人のブログやSNSなどでようやく知ることができた。たしかに井山裕太は左利きだし、そういうふうに気をつけていたら見つけられたかもしれないと思った。映画の冒頭に関山利道をもってきたのは流石で、あの手つきはいつも碁石を触っている人にしかないものだと思った。
柳田格之進の性格の設定と草彅剛の演技がとてもぴったり合っていてで、それが映画の芯になっていた。もとが落語の話だと思ってみたせいかどことなく落語らしい場面の展開がおおく感じた。一方で、もともとの落語のストーリーからは少しアレンジがなされて、映画らしい起伏のある自然な展開になっていたと思った。

Gobangiri
Gobangiri

Write a Comment

Comment