一保堂「初昔」

一保堂 若松の昔

一保堂茶舗の初昔という抹茶をはじめて買った。一保堂はデパート等いろんな場所にに出店していて手に入りやすいと思う。この一保堂の「初昔」は主に薄茶用として売られていて、40g入り税抜600円ということで、一保堂としては下から二番目に安い抹茶である。一保堂の薄茶用の抹茶はコスト削減のためか、缶入りではなくて、ビニール袋が直接紙箱に入って売られている。

Matcha

味の方はというと、うまみや渋みもあるけれどあっさりとしていて、淡白な味わいである。個人的には渋みのあるものが好きなのでちょっと物足りなさも感じるけれど、夕食後などに抹茶を飲もうというときにいいかもしれない。

一保堂 日本橋三越店日本茶専門店 / 三越前駅新日本橋駅日本橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

升半「千代昔」

名古屋の地下街でよく見かける「お詰めは?松柏園です」の「升半」を初めて買った。せっかくの升半デビューということで一番高い千代昔を買うことにした。升半は20グラムから量り売りしてくれて、千代昔は20グラムで2500円+税だった。

masuhan

いつものように薄茶で飲んだらなんだかぼんやりとした味でいまいちな感じだった。柔らかい口当たりなんだけど、印象に残らないような気がした。期待が大きかっただけにちょっと残念だ。

matcha

それではということで濃茶にしてみた。そうしたら打って変わってとても美味しく感じた。濃厚なコクがあって濃茶らしい味だった。濃茶用で売っている抹茶は濃茶で飲んだほうが美味しいものなのかなと思った。これまではなんとなく、濃茶用と売られている高めのお茶をあえて薄茶で飲むのが贅沢で美味しいんだなんて思っていたけれど、そうではないかもしれない。薄茶でうまいと思う味と、濃茶でうまいと思う味は違う。渋目のお茶が好きだから余計にそう感じるのだろうけど、これまでうまいと感じた薄茶は薄茶用で売られているお茶が多かったように思う。高ければうまいというわけでもないというのは個人的にはうれしいし面白いことだと思う。これからもっといろんなお茶を試してみようという気持ちが盛り上がってきた。

升半茶店 地下鉄栄地下街店日本茶専門店 / 栄駅(名古屋)栄町駅久屋大通駅

昼総合点