Windows10 での HHKB Pro2 のキーマッピングとIMEの設定

掃除をしてきれいになった HHKB Pro2 の設定方法で苦労したのでまとめておきたい。長らく自宅のパソコンはMac mini で、これに HHKB Pro2 をつないで使っていたのだけど、Mac mini が古くなって調子が悪くなったのに新しいMac miniが発売される気配がないのにしびれを切らして、Windowsに乗り換えている。買ったのは HP Pavilion Gaming Desktop 790というシリーズのものだ(ちなみにHP Pavilion Gaming Desktop 790にはもともとPavilion Gamin Keyboard 800 / 500 というフルサイズのUSキーボード(英語キーボード)が付いている)。ただ、実際にはこのPCを買ってすぐに新しいMac miniが発売されたので、我慢できずに乗り換えたことをちょっと後悔した。後悔した理由は、キーボード操作が違って困ったということで、それを解消しようというのが今回のブログ記事の内容である。だから、今回私のやった作業の内容というのは、Mac mini時代の設定に近い形で、Windows10で使い勝手が良いものに設定するということになる。

やった内容はこの3つだ。まず、HHKB Pro2の背面スイッチの設定。次に、キーマッピングの変更。最後に IME の「かな/英数」の入力切替方法の変更だ。

最終的なキーマップの目標はこの図の通り。そしてIME の「かな/英数」の入力切替を「[Ctrl(◇)]+[Space]」のトグルに変更する。
キーマップ変更2

それから、 IME の「かな/英数」の入力切替を「Control + Space」に変更することだ。

もともとのHHKB Pro2 が、この通りなので、4つのキーを変更している。(ちなみに変更前のデフォルトの状態ではIMEの「かな/英数」の切り替えは「[Alt]+[`]」のトグル切り替えになっている。)
pro2_keytop_a_l

まず、MacとWindowsのキーボードの違いとして、MacのDeleteキーはWindowsのBack Space(BS)キーの挙動と同じだということだ。そして、MacのCommadキーはWindowsのControl(Ctrl)キーに相当するということだ。この2つの違いをクリアしたい。

第一に、キーボード背面(後部)のDIPスイッチの設定でできるところまでをやる。背面スイッチの設定は、次のようにした。

SW1 ON
SW2 OFF
SW3 ON
SW4 OFF
SW5 OFF
SW6 OFF
(SW1とSW3だけON)

これで、HHKB Pro2の右上のDeleteキーがBSキーに変わる。(「Fn+BS」でDeleteキーになる。)
現段階では◇キーがWindows(Win)キーになっている。

第二に、KeySwap for XPというフリーソフトで、キーマッピングをさらに変更する。KeySwap for XPという名前だけど、XPだけでなくWindows10でもきちんと動く。
設定は次の写真のとおりである。右上を「英語キーボード」画面に切り替えて、1~3を変更した。このソフトの図はHHKB Pro2と違うので、深くは気にしない(ソフト上でESCキーや[`]キーなどはうまく反映できていない)
SeySwap2019-10-15
左Win(◇キー) → 左Ctrl
右Win(◇キー) → 右Ctrl
右Alt(Altキー) → 右Win
である。これでキーマッピング自体は完成だ。

第三に、「かな/英数」の入力切替を「Control + Space」のトグル切り替えに変更することになる。私はGoogle日本語入力を使っているのだけど、他のIMEでも基本的な操作は同じだと思う。
Google日本語入力の「あ/A」と書かれているボタンの右クリックからでてくるプロパティ画面で「キー設定の編集」をクリックする。
Google日本語入力2019-10-15
そして、左下の「編集」から「エントリーを追加」をする。
Google日本語入力キー設定22019-10-15
今回は、「Control + Space」のトグル切り替えにするために、次の4行を追加する。
Google日本語入力4行追加2019-10-15
ここの下4行だ。
Google日本語入力キー設定32019-10-15
ボタンを色々触ったり、キーボードを色々押して追加するのだけど、文字にすると、次のものを追加していることになる。
status key command
DirectInput Ctrl Space IMEOn
Precomposition Ctrl Space IMEOff
Composition Ctrl Space IMEOff
Conversion Ctrl Space IMEOff
これで、IMEの「かな/英数」の入力切替は「Control + Space」のトグル切り替えに変更された。

これでほぼ、Mac miniで使っていたときと同じような使用感になった。ただ、ちょっと違う点や気になる点もある。この設定変更で、Controlキーが3つになっているのだ。3つもいるのかと思う。特に[A]キーのとなるりのControlはいらないのではと思って、CapsLockにしようかとも思ったけど、CapsLockこそ使わないから、それよりはよく使うControlが3つある方が良いかなという言うことでそのままにしてある。

そして、AltキーとWinキーだ。左をAltキーにして、右をWinキーにしたけど、逆のほうが良いのか悩んだ。ただこれまでのキーボードショートカットと[Fn]キーの位置から考えると、左がAltキーで右がWinキーというのが使い勝手が良さそうに思う。とくにHHKBでは[Fn]キーを十字キーで使うことが多いので「Alt+十字キー」という組み合わせのショートカットを考えると、Altは左が良いような気がしたのだ。

とりあえずしばらくこれでやってみて、調子が悪いように感じたらまた設定を変更したいと思う。

HHKB Pro2 のキーキャップを外して掃除した

PFU の Happy Hacking Keyboard Professional 2 (HHKB Pro2)を使い始めて7年になる。最近使っていて、キーの隙間から時々見えるホコリや、ひっくり返して振ってみても落ちてこないこびり着いた汚れ、こぼしたお茶やコーヒー、お菓子のクズなどが気になるようになった。ときどきアルコールを浸した紙で拭いたりはしているけれど、キーの隙間の汚れなどは限界がある。同じ見た目だったHHKB Pro2 Type-Sと比べて、どことなく黄ばんでいるように見える。(HHKB Pro2 Type-S はキーストロークが浅いのが私には合わなくて、ほとんど使っていないため、きれいなままだ。)

2019-10-13 14.47.28

特にこのあたり隙間に汚れが目立つ。キーの脇も汚れている。
2019-10-13 14.47.35

これはそろそろ時々ネットの記事で見かけていた大掃除が必要なのではないかと思った。掃除の仕方は、この閲覧注意レベルの汚キーボードをプロが華麗に大掃除したというマイナビの記事が詳しいので、ほぼこちらを参考にした。

まず、この器具を使ってキーキャップ(キートップ)を外した。この器具はそのまま「キーキャップ引き抜き工具」と呼ぶらしいのだけど、たまたま東プレの RealForce のキーボードを買ったときに付いてきたのを捨てずにとってあったのを思い出したので使うことにした。
2019-10-13 14.48.26

こんなかんじで外していく。大きめのキー、特にShiftキーを外すのに苦労した。力づくで引っこ抜いて壊れてもいけないと思って、あくまで基本に忠実に垂直に引き抜くことを心がけた。Spaceキーは大きいけれどそれほど硬くはなかった。ただ、キーを3点で支えているようで、真ん中のところにバネ(スプリング)が挟まっているようで、外すときに初めて知った。
2019-10-13 14.51.27

外したキーは落としたりしないように、プラスチックの入れ物(もともとスーパーで買ったぶどうが入っていた容器)に入れた。
2019-10-13 14.59.43
よく見るとキーの脇も汚れていることが見える。7年分の汚れだと思う。
2019-10-13 14.59.47

外したキーキャップは、食器用洗剤(キュキュット)を溶かした水に入れて、かき回してからしばらく放置した。
2019-10-13 15.54.24
2019-10-13 15.54.15

キーボード本体も予想以上にかなり汚れていてびっくりした。隙間から見えないところにこんなに汚れがこびりついていたとは。ひっくり返しても取れないはずだ。
2019-10-13 15.00.20

いきなりゴシゴシすると接点を破損してはいけないと思ったので、とりあえずカメラで使うブロワーで大雑把にゴミを吹き飛ばした。それだけでもかなりホコリなど細かなゴミも取れた。
2019-10-13 15.24.52

ブロワーだけでは取れないこびり着いた汚れは、そのあと、食卓掃除用のアルコールを湿らせたティッシュペーパーを串に巻きつけた簡易マツイ棒を作って隙間の汚れをこすり取った。幸いなことにHHKB Pro2は基本的に見えるところは全てプラスチックで金属などがむき出しになっているわけではないので、アルコールで思い切りゴシゴシできるのがよい。(掃除に精一杯で写真を取り忘れた。)それから、キーボード本体の裏側や側面なども拭いた。結構汚れていた。

それから洗剤につけてあったキートキャップの脇などの汚れをスポンジで拭った。すすぐだけでは汚れが付いていてうまく落ちていなかったからだ。そのあと水ですすいで、タオルの上で乾かした。その時タオルの上で汚れが落ちているか確認した。やはりもとより白くなった気がする。

しっかり乾いたら、最初に撮った写真を見ながらキーキャップをはめていった。スペースキーがちょっと付けにくかった。しっかり嵌るところを確認したら簡単にハマった。最終的なものをみると、やはり全体的に白くなっている。これでしばらくまた爽やかな気分でキーボードを使えそうだ。
2019-10-13 19.40.07