あいや「寿香の白」

2020-01-02 21.55.00

今回はあいやの「寿香の白」を点てた。あいやは愛知県西尾市にある日本で一番大きな抹茶メーカーだ。抹茶というとやはり宇治が圧倒的に有名なブランドなのだけど、生産量という点では日本一は愛知県西尾市である。ウェブサイトを見てみると、あいやは抹茶については西条園という名前でやっているようだ。

この日に点てた「寿香の白」も実は随分前に買ったもので、冷凍庫に残っていたものだ。寿香の白というお茶は薄茶用として売られているお茶で、価格は30グラム税抜1500円で、薄茶用としては真ん中ぐらいの価格である。そして味の方はというと、コクを感じる美味しいお茶だ。苦みもあるけれど旨みを強く感じるお茶で、私の好みだと思った。ちょっとお茶を多めに(濃い目)に点てるとより美味しさを感じるのではないかと思う。和菓子はもちろん、クッキーなどの洋焼き菓子にも合いそうな気がした。

抹茶

両界山横蔵寺と谷汲山華厳寺

初詣の続き。去年は日龍峰寺(高澤観音)に行ったのだけど、今年は両界山横蔵寺と谷汲山華厳寺に行くことにした。どちらも岐阜県揖斐川町にあって合わせていくのにいい組み合わせだと思う。両界山横蔵寺は即身仏(ミイラ)でも有名な美濃の正倉院という名前もついているお寺だ。谷汲山華厳寺は西国三十三箇所の満願霊場として有名で、参道も年中賑わっていて全国的にも有名だ。

正月のしかも元旦ということで、どれくらい混んでいるのかなと心配をしながら家を出たのだけど、案の定というか谷汲山華厳寺の近くは道路も渋滞していてなかなか車も前に進まない状態だったので順番を後回しにして、先に両界山横蔵寺に行くことにした。こちらは駐車場にもすんなり止められてゆっくりお参りでした。

まずは、両界山横蔵寺。立派な仁王門がある。

2020-01-01 13.17.39

全体としてはこんな感じのお寺だ。

2020-01-01 13.52.50

こちらの三重塔も近寄ってみると迫力があった。

2020-01-01 13.19.48
2020-01-01 13.25.04

舎利殿は奥の方だけど、途中で梅か桜か花が咲いていてとても美しかった。

2020-01-01 13.27.37

2020-01-01 13.29.23

妙心上人の舎利弗がある舎利殿の向かいにある瑠璃殿(宝物殿)が重要文化財にもなっている木造の仏像ががたくさんあってなかなかいい。

2020-01-01 13.46.20

2020-01-01 13.45.54

次が谷汲山華厳寺。駐車場が一杯でたまたまタイミングよくあいているところがあったので遠かったけれど止めて歩くことにした。

正月だからか参道に屋台がいつもよりいっぱいある。

2020-01-01 14.18.15

たい焼きが美味しそうなので食べた。

2020-01-01 14.30.59

2020-01-01 14.31.18

こちらの仁王門もとても迫力がある。

2020-01-01 14.35.58

結構長い行列が出来ていた。

2020-01-01 14.37.27

最後に階段を上ると本堂である。

2020-01-01 14.59.31

本堂の隣の奥には満願堂もある。

2020-01-01 15.14.38

見ざる言わざる聞かざるではなくて見たぬき言わたぬき聞かたぬきがいた。

2020-01-01 15.15.54

どちらも割と近くなので一緒に行くといい組み合わせだと思う。