ライン川クルーズ(リューデスハイム~ザンクト・ゴアール)

9月23日はライン川クルーズをしたのでそのあたりのことをまとめたい。ライン川クルーズいろんな船が営業しているみたいだけど、観光ガイドでも一番情報が多かったKD社というところの船に乗ることにした。ちなみにKDはケルン~デュッセルドルフという意味のようだけど、実際にその間を航行しているわけではなくて、私が乗ったのも最も乗客の多い、「リューデスハイムからザンクト・ゴアールまで」の下りの2時間弱の区間だ。この区間が両岸にたくさんお城が見られておもしろいということらしい。世界遺産になっているのもこのあたりの区間である。

22日は午後4時頃にフランクフルト空港に到着した。リューデスハイムに行くには、まずフランクフルト空港からリューデスハイムのライン川の対岸にあるビンゲンという町まで電車で行き、そこからまたKD社とは別の船でリューデスハイムに渡るのだ。その渡し船の最終時間が午後6時半というのは現地についてから知ったのだけど、フランクフルト空港でゆっくりしていて危うく乗り過ごすことろだっった。ビンゲンヤリューデスハイムに来てわかったのだけど、ライン川のこんなに上流にも大きな船がたくさん航行しているのだ。日本の川と違って流れもゆっくりで川底も深いということなんだろう。

ビンゲンの船着き場。この対岸にリューデスハイムがある。ちなみに、KDのライン川下りで、リューデスハイムの一つ下流の寄港地がビンゲンなので、電車で一旦リューデスハイムを横目に通り過ぎて、船で上流に少しだけ戻るというような動きになっている。
2019-09-22 18.17.02
ビンゲンから船に乗ってもうすぐリューデスハイムにつくところ。この船に乗るだけでも十分にライン川クルーズの気分は味わえる。この船自体も結構大きな船でなかなか楽しい。
2019-09-22 18.59.23
ちなみに、夜は、リューデスハイムからは対岸のビンゲンの街の明かりが見えるぐらいに近い。
2019-09-22 22.39.24

リューデスハイムでは、Breuer’s Rüdesheimer Schloss,(ブリューワーズ リューデスハイム アム ライン)というところが人気だと聞いて泊まった。到着した日は疲れてしまい布団で少し横になったら眠ってしまい目が覚めたら12時過ぎで夕食を食べられないという失敗をした。そのころも下のレストランからは歌声が聞こえてきて楽しそうなレストランだった。
リューデスハイムで有名なつぐみ横丁( Drosselgasse)。夜もいろんなレストランやバーから歌声が聞こえて来た。宿の近くのお店を何件かはしごしながらブラブラするのも楽しそうだ。
2019-09-22 19.12.15
2019-09-22 22.36.24
とはいえこちらはBreuer’s Rüdesheimer Schlossの朝食。とても種類も多くて美味しかった。朝からワインがでていてワインの町なのだ。ちなみに、私が朝食一番乗りだった。みんな遅くまで夜ふかししていたのか、それともみんな旅行中の朝はゆっくりするものなのか。(日本人はとにかく早くご飯を食べに来て、もう一回温泉に入ったり、すぐに出かけていくことが多いような気がする。)
2019-09-23 07.41.42
2019-09-23 07.41.30
2019-09-23 07.41.50
2019-09-23 07.41.53
レストランの屋根がある部分はこんな感じだ。朝食もここ。
2019-09-23 07.41.02
ちなみにこの写真はホテルのレストランのオープンの部分をを外から見たところ。ランチタイムもディナー・バータイムも人気らしい。
2019-09-23 08.46.10

チケットは乗船するときに買った。同時に乗船した客にはツアーの団体客も多かった。
船に乗ったらスーツケースを入り口に置かせてもらって手ぶらで楽しむことができた。下船は2時間後だったのでスーツケースを忘れてしまいそうになった。
2019-09-23 09.05.22
リューデスハイムをでてすぐの城。隣にはぶどう畑がいっぱい広がっていた。
2019-09-23 10.26.52
なにか新しい街が現れたりお城を見つけると甲板の乗客がみんなカメラを持って構え始める。自分も同じことの繰り返しで、この乗船した区間はそれが連続で休む暇がない。
2019-09-23 09.11.17
2019-09-23 10.12.55
2019-09-23 10.29.15

いろんなお城がある。右岸にも左岸にもお城山地が出てくるのでどの席に座っていても楽しめると思う。
2019-09-23 09.43.10
2019-09-23 11.00.43
2019-09-23 10.34.52
2019-09-23 10.27.30

お城のある場所や流れによっては本当に近くによ寄って見えるときもある。
2019-09-23 10.06.28

中洲のような島にあるお城。
2019-09-23 10.25.56

途中で街があると寄港するのでそのたびに人が乗ってきたり降りたりする。
2019-09-23 10.15.10

途中で雨が降り出したので船の中にはいったけれど、大きな窓があるので天気に関係なく楽しめそうだ。
2019-09-23 09.56.59
2019-09-23 09.11.32
ここ以外にも船内にはレストラン・喫茶室もあって、そこの窓はとても広いのでそこからももちろん楽しめる。風も当たらないので真夏でも冬でも快適だと思う。

図面を見ると結構立派な船だ。
2019-09-23 09.05.35
船内には甲板にも船の中にもバーがあって飲み物やちょっとした食べ物もでてくるみたいだ。
2019-09-23 09.10.44
2019-09-23 11.01.41

ザンクト・ゴアールハウゼン近くのローレライのあたり。ザンクト・ゴアールまであと少し。
2019-09-23 10.56.00

ザンクト・ゴアールで船を降りて、そのあとは電車でケルンまで行った。
2019-09-23 11.09.19
2019-09-23 11.31.30
2019-09-23 11.51.37
鉄道もライン川沿いを走っているので、鉄道の窓からもライン川沿いの雰囲気を味わえて楽しいルートだと思った。

個人的に川でも海でもクルーズと付くものが好きでドイツに行ったら必ずライン川クルーズに参加しようと思っていた。それが実現できてよかった。特に予約もなくてもすぐに行けるし、フランクフルトからケルンにはICEなどの高速鉄道で直線で行くのも時間は効率的で悪くないけれど、せっかくの旅ならこういうふうに時間をかけて移動自体が楽しいルートを探すのが自分は好きなんだろうと再認識した。

ANA国際線エコノミークラスの有料機内食「ちょっと贅沢なお食事」を試した

今回の旅行では、珍しくANAのサイトから予約した。予約の機内食の選択のときに、これまでは子供用とか糖尿病患者用とか、ベジタリアン用とかそういうのしかなかったと思っていたのが、「ちょっと贅沢なお食事を2,500 円よりご用意しています。」とあった。なんだこれと思って検索したところ、2019年4月からエコノミークラスでも食事を選べるようになったとのことである。

プレミアムエコノミー/エコノミークラスでの有料機内食メニュー新設
サービス開始日: 2019年4月開始予定
予約受付日: 出発時刻の24時間前まで ※深夜便など離陸後に軽食やドリンクのみを提供する便では不可。数に限りあり
対象クラス: プレミアムエコノミー/エコノミークラス
対象路線: 日本発の欧米路線(ホノルル線を除く)
価格: 2500円
 また、ANAの国内線、国際線の機内食をプロデュースする「THE CONNOISSEURS(ザ・ コノシュアーズ)」のメンバーの意見を取り入れ、伝統的な和食器に加え、モダンタイプの食器を3月1日から新たに導入する。
ANA、国際線プレエコ/エコノミーの有料機内食メニューを新設。2500円

新しそうなもの好きなので、ちょっと贅沢なお食事を試してみることにした。2500円余分に払わなくても普通の機内食は出てくるのにあえて2500円払って食べるのだからそれなりの違いがあるに違いないと期待して、「和食」と「洋食」の2つから、今回は和食を選んで試してみることにした。

ちなみに、その時期ごとのメニューは予めANAのウェブサイトで見ることができる。これを見てから選ぶのも賢明かもしれない。出発空港によってメニューが違うようである。甘党の私としては、「成田・羽田発路線ではデザートに「ピエール・エルメ・パリ」とのコラボレーションメニューをご用意しております。」の一文が気になった。

通常はカートから配膳されるけれど、あまりほかに有料機内食を注文する人がいないせいか、別で運んできてもらえた。
2019-09-22 12.59.52
届いた瞬間にいつもと違うと思った。まず、カトラリーがいつもだとビニール袋に紙ナプキンと一緒に入っているのに、有料機内食はきちんと布のナプキンに巻かれているのだ。そして、そのカトラリーそのものも開いてみるとちょっと良いものだった。通常のエコノミーの機内食に付いてくるステンレスのカトラリーはとても平面的な作りで、フォークやナイフはちょっと小さめで、スプーンは小さいデザート用だけか兼用だったりすることもあると思う。だけど、有料機内食に付いてくるカトラリーは、サイズもそれよりちょっと大きめで、厚みもしっかりあって立体的な作りのカトラリーセットになっていて、地上のレストランで出てくるものと遜色ない感じで、手にしっくりくる。スプーンも2つ付いている。
2019-09-22 13.01.07

メニューもきちんと日本語と英語で付いている。
2019-09-22 13.18.52

器もプラスチックではなくて、白い磁器である。ノリタケ製だった。横を見ると小さなしのぎのような縞模様が縦が入っていてシャープでおしゃれな雰囲気があってなかなかいいと思った。器が違うだけで食事は何倍も美味しくなると思う。

2019-09-22 13.19.22
2019-09-22 13.19.07

気になっていたピエール・エルメとコラボというデザートはこちらの写真(うまく撮れていないのが悔しい)でとても美味しかった。このデザートはメニューによると「ヨーグルト・サティーヌ(オレンジとパッションフルーツのコンポートにパッションフルーツのクーリーと、ゼリー状のオレンジを乗せたクリーミーなヨーグルト)」ということだ。白いヨーグルトのように見える部分は、二層になっていて、上にヨーグルト、下にコンポートとクーリーが入っている。
2019-09-22 13.15.06

メインの金目鯛煮付けも美味しかったけれど、いちばん美味しかったのはデザートのヨーグルトサティーヌだと思った。よく考えてみると、美味しいと感じさせた理由は、器がプラスチックではなくて磁器だということと、カトラリーがしっかりしていて、ナプキンも布だということで、食事そのものよりもその周りの用具の違いが大きいように思う。

今回は2500円を払ってエコノミークラスであえて有料機内食を予約したのだけど、それだけの価値は十分にあると感じた。

ちなみに、ビジネスクラスファーストクラスの食事はウェブサイトで見ると、ディナーという感じで器ももっと良さそうなものだった。それから、最近よく聞くようになったプレミアムエコノミーは、ドリンク類は増えるけれど、食事そのものはエコノミークラスと写真が変わらないので、通常は同じものが出るようである。そういう意味では私が今回試してみた2500円の「ちょっと贅沢なお食事」という有料機内食は、プレミアムエコノミー以上ビジネスクラス未満という感じなのだろうか。