僕は本にはさむ栞が好きだ。栞が好きになったきっかけを考えてみた。たぶん一番は、本を一気に読むことがなかったというところだと思う。もともと気が散りやすい方で、何時間も読書し続けるなんてできない。それで自然と栞をはさむようになったのだろう。それに、小学校や中学校の頃、図書館で借りてきた本は折り曲げたり書き込んだりはできない。自分で買った本でもいまだに、もったいなくて折り曲げたりはできない。そういうわけで今でもやっぱり栞をはさむのだろうなと思った。

栞といえば、古本屋で買った本から前の持ち主がはさんだままの栞が出てくるのが好きだ。手作りの栞が出てきた時なんて最高だし、その栞にメモが残っていたりするのも、いろいろ想像が膨らんでいい。出てきた栞が妙に古臭いものだった時も、この本はいったいどんなに長い間古本屋の本棚に眠っていたのだろうなんて想像できて楽しい。しわくちゃのスーパーのレシートがはさまっているのも好きで、読みかけで誰かに呼ばれてとっさに買い物帰りの財布にレシートを見つけてはさんだのかななんて勝手に物語をつくったりしている。

ロングアイランド・アイスティー

Long Island Iced Tea

いつごこからか、機会があればお酒が飲める場所に立ち寄ってから帰ろうとするようになった。これまでは少々遠くても車で向かっていた場所にも、お酒を飲めるように電車やバスを使うようになった。そうなったのは山中千尋のライブを聞きに行った時に飲んだ「ロングアイランド・アイスティー」がきっかけだと思う。

ロングアイランド・アイスティーは「今日のアーティストカクテル」で、ニューヨークに居るとつい飲みたくなると山中千尋が紹介していたと思う。そのライブは私にとってとても思い出深いもので帰り道に、飲んだカクテルがその日の出来事や感情とリンクするのは楽しいなと思った。それまでわけも分からずお酒を飲んでいたのだけど、お酒が楽しいというのはこういうことなのかなと感じることも増えた。お酒をカギに記憶が呼び起こされたり、記憶の中にお酒が登場したりということがあったらおもしろい。そんなわけでそんな期待をしながらお酒を飲みにふらふらしたいなと思う。