HHKB Pro2 のキーキャップを外して掃除した

PFU の Happy Hacking Keyboard Professional 2 (HHKB Pro2)を使い始めて7年になる。最近使っていて、キーの隙間から時々見えるホコリや、ひっくり返して振ってみても落ちてこないこびり着いた汚れ、こぼしたお茶やコーヒー、お菓子のクズなどが気になるようになった。ときどきアルコールを浸した紙で拭いたりはしているけれど、キーの隙間の汚れなどは限界がある。同じ見た目だったHHKB Pro2 Type-Sと比べて、どことなく黄ばんでいるように見える。(HHKB Pro2 Type-S はキーストロークが浅いのが私には合わなくて、ほとんど使っていないため、きれいなままだ。)

2019-10-13 14.47.28

特にこのあたり隙間に汚れが目立つ。キーの脇も汚れている。
2019-10-13 14.47.35

これはそろそろ時々ネットの記事で見かけていた大掃除が必要なのではないかと思った。掃除の仕方は、この閲覧注意レベルの汚キーボードをプロが華麗に大掃除したというマイナビの記事が詳しいので、ほぼこちらを参考にした。

まず、この器具を使ってキーキャップ(キートップ)を外した。この器具はそのまま「キーキャップ引き抜き工具」と呼ぶらしいのだけど、たまたま東プレの RealForce のキーボードを買ったときに付いてきたのを捨てずにとってあったのを思い出したので使うことにした。
2019-10-13 14.48.26

こんなかんじで外していく。大きめのキー、特にShiftキーを外すのに苦労した。力づくで引っこ抜いて壊れてもいけないと思って、あくまで基本に忠実に垂直に引き抜くことを心がけた。Spaceキーは大きいけれどそれほど硬くはなかった。ただ、キーを3点で支えているようで、真ん中のところにバネ(スプリング)が挟まっているようで、外すときに初めて知った。
2019-10-13 14.51.27

外したキーは落としたりしないように、プラスチックの入れ物(もともとスーパーで買ったぶどうが入っていた容器)に入れた。
2019-10-13 14.59.43
よく見るとキーの脇も汚れていることが見える。7年分の汚れだと思う。
2019-10-13 14.59.47

外したキーキャップは、食器用洗剤(キュキュット)を溶かした水に入れて、かき回してからしばらく放置した。
2019-10-13 15.54.24
2019-10-13 15.54.15

キーボード本体も予想以上にかなり汚れていてびっくりした。隙間から見えないところにこんなに汚れがこびりついていたとは。ひっくり返しても取れないはずだ。
2019-10-13 15.00.20

いきなりゴシゴシすると接点を破損してはいけないと思ったので、とりあえずカメラで使うブロワーで大雑把にゴミを吹き飛ばした。それだけでもかなりホコリなど細かなゴミも取れた。
2019-10-13 15.24.52

ブロワーだけでは取れないこびり着いた汚れは、そのあと、食卓掃除用のアルコールを湿らせたティッシュペーパーを串に巻きつけた簡易マツイ棒を作って隙間の汚れをこすり取った。幸いなことにHHKB Pro2は基本的に見えるところは全てプラスチックで金属などがむき出しになっているわけではないので、アルコールで思い切りゴシゴシできるのがよい。(掃除に精一杯で写真を取り忘れた。)それから、キーボード本体の裏側や側面なども拭いた。結構汚れていた。

それから洗剤につけてあったキートキャップの脇などの汚れをスポンジで拭った。すすぐだけでは汚れが付いていてうまく落ちていなかったからだ。そのあと水ですすいで、タオルの上で乾かした。その時タオルの上で汚れが落ちているか確認した。やはりもとより白くなった気がする。

しっかり乾いたら、最初に撮った写真を見ながらキーキャップをはめていった。スペースキーがちょっと付けにくかった。しっかり嵌るところを確認したら簡単にハマった。最終的なものをみると、やはり全体的に白くなっている。これでしばらくまた爽やかな気分でキーボードを使えそうだ。
2019-10-13 19.40.07

ライン川クルーズ(リューデスハイム~ザンクト・ゴアール)

9月23日はライン川クルーズをしたのでそのあたりのことをまとめたい。ライン川クルーズいろんな船が営業しているみたいだけど、観光ガイドでも一番情報が多かったKD社というところの船に乗ることにした。ちなみにKDはケルン~デュッセルドルフという意味のようだけど、実際にその間を航行しているわけではなくて、私が乗ったのも最も乗客の多い、「リューデスハイムからザンクト・ゴアールまで」の下りの2時間弱の区間だ。この区間が両岸にたくさんお城が見られておもしろいということらしい。世界遺産になっているのもこのあたりの区間である。

22日は午後4時頃にフランクフルト空港に到着した。リューデスハイムに行くには、まずフランクフルト空港からリューデスハイムのライン川の対岸にあるビンゲンという町まで電車で行き、そこからまたKD社とは別の船でリューデスハイムに渡るのだ。その渡し船の最終時間が午後6時半というのは現地についてから知ったのだけど、フランクフルト空港でゆっくりしていて危うく乗り過ごすことろだっった。ビンゲンヤリューデスハイムに来てわかったのだけど、ライン川のこんなに上流にも大きな船がたくさん航行しているのだ。日本の川と違って流れもゆっくりで川底も深いということなんだろう。

ビンゲンの船着き場。この対岸にリューデスハイムがある。ちなみに、KDのライン川下りで、リューデスハイムの一つ下流の寄港地がビンゲンなので、電車で一旦リューデスハイムを横目に通り過ぎて、船で上流に少しだけ戻るというような動きになっている。
2019-09-22 18.17.02
ビンゲンから船に乗ってもうすぐリューデスハイムにつくところ。この船に乗るだけでも十分にライン川クルーズの気分は味わえる。この船自体も結構大きな船でなかなか楽しい。
2019-09-22 18.59.23
ちなみに、夜は、リューデスハイムからは対岸のビンゲンの街の明かりが見えるぐらいに近い。
2019-09-22 22.39.24

リューデスハイムでは、Breuer’s Rüdesheimer Schloss,(ブリューワーズ リューデスハイム アム ライン)というところが人気だと聞いて泊まった。到着した日は疲れてしまい布団で少し横になったら眠ってしまい目が覚めたら12時過ぎで夕食を食べられないという失敗をした。そのころも下のレストランからは歌声が聞こえてきて楽しそうなレストランだった。
リューデスハイムで有名なつぐみ横丁( Drosselgasse)。夜もいろんなレストランやバーから歌声が聞こえて来た。宿の近くのお店を何件かはしごしながらブラブラするのも楽しそうだ。
2019-09-22 19.12.15
2019-09-22 22.36.24
とはいえこちらはBreuer’s Rüdesheimer Schlossの朝食。とても種類も多くて美味しかった。朝からワインがでていてワインの町なのだ。ちなみに、私が朝食一番乗りだった。みんな遅くまで夜ふかししていたのか、それともみんな旅行中の朝はゆっくりするものなのか。(日本人はとにかく早くご飯を食べに来て、もう一回温泉に入ったり、すぐに出かけていくことが多いような気がする。)
2019-09-23 07.41.42
2019-09-23 07.41.30
2019-09-23 07.41.50
2019-09-23 07.41.53
レストランの屋根がある部分はこんな感じだ。朝食もここ。
2019-09-23 07.41.02
ちなみにこの写真はホテルのレストランのオープンの部分をを外から見たところ。ランチタイムもディナー・バータイムも人気らしい。
2019-09-23 08.46.10

チケットは乗船するときに買った。同時に乗船した客にはツアーの団体客も多かった。
船に乗ったらスーツケースを入り口に置かせてもらって手ぶらで楽しむことができた。下船は2時間後だったのでスーツケースを忘れてしまいそうになった。
2019-09-23 09.05.22
リューデスハイムをでてすぐの城。隣にはぶどう畑がいっぱい広がっていた。
2019-09-23 10.26.52
なにか新しい街が現れたりお城を見つけると甲板の乗客がみんなカメラを持って構え始める。自分も同じことの繰り返しで、この乗船した区間はそれが連続で休む暇がない。
2019-09-23 09.11.17
2019-09-23 10.12.55
2019-09-23 10.29.15

いろんなお城がある。右岸にも左岸にもお城山地が出てくるのでどの席に座っていても楽しめると思う。
2019-09-23 09.43.10
2019-09-23 11.00.43
2019-09-23 10.34.52
2019-09-23 10.27.30

お城のある場所や流れによっては本当に近くによ寄って見えるときもある。
2019-09-23 10.06.28

中洲のような島にあるお城。
2019-09-23 10.25.56

途中で街があると寄港するのでそのたびに人が乗ってきたり降りたりする。
2019-09-23 10.15.10

途中で雨が降り出したので船の中にはいったけれど、大きな窓があるので天気に関係なく楽しめそうだ。
2019-09-23 09.56.59
2019-09-23 09.11.32
ここ以外にも船内にはレストラン・喫茶室もあって、そこの窓はとても広いのでそこからももちろん楽しめる。風も当たらないので真夏でも冬でも快適だと思う。

図面を見ると結構立派な船だ。
2019-09-23 09.05.35
船内には甲板にも船の中にもバーがあって飲み物やちょっとした食べ物もでてくるみたいだ。
2019-09-23 09.10.44
2019-09-23 11.01.41

ザンクト・ゴアールハウゼン近くのローレライのあたり。ザンクト・ゴアールまであと少し。
2019-09-23 10.56.00

ザンクト・ゴアールで船を降りて、そのあとは電車でケルンまで行った。
2019-09-23 11.09.19
2019-09-23 11.31.30
2019-09-23 11.51.37
鉄道もライン川沿いを走っているので、鉄道の窓からもライン川沿いの雰囲気を味わえて楽しいルートだと思った。

個人的に川でも海でもクルーズと付くものが好きでドイツに行ったら必ずライン川クルーズに参加しようと思っていた。それが実現できてよかった。特に予約もなくてもすぐに行けるし、フランクフルトからケルンにはICEなどの高速鉄道で直線で行くのも時間は効率的で悪くないけれど、せっかくの旅ならこういうふうに時間をかけて移動自体が楽しいルートを探すのが自分は好きなんだろうと再認識した。